SSLサーバ証明書は、認証局が【サイト運営元の確認】を行い、認証した上で発行されます。確認する内容により、3つにレベル分けされています。

※ アドレスバーの表示はブラウザによって若干異なる場合があります。

 

ドメイン認証型SSL(認証レベル1)ストリーミングラボ おすすめ

3つの認証レベルの中で、もっとも手軽な認証方式がドメイン認証(DV:Domain Validation)と呼ばれるものです。 証明書に記載されているドメインの使用権を、SSLサーバー証明書の所有者が所有していることを証明するものです。証明確認はメールのため証明書発行が早く、他の認証レベルの証明書と比較すると価格が安いことが特長です。

 

企業認証SSL(認証レベル2)

企業認証(OV:Organization Validation)と呼ばれ、法人サイトなどで一般的に使われている認証方式です。 法的に実在している企業・団体が運営しているサイトであることを証明するものです。 企業認証を取得するには各種書類の審査および申請者への電話確認が必要になるため、ドメイン認証と比べ、信頼性が高いことを証明することができます。

 

EV認証SSL(認証レベル3)

もっとも厳格な認証方式がEV認証(EV:Extended Validation)と呼ばれるものです。 企業認証の審査に加え、各種書類および第三者機関のデータベース等により、申請組織が法的・物理的に実在しているかを確認すると共に、申請者の在籍確認と電話確認を行います。 審査が厳格であるため、証明書の発行まで時間はかかりますが、緑のアドレスバー表示により、安全性をわかりやすくアピールすることができます。